忍者ブログ
最近物欲旺盛です ストレス発散は買い物で
  ★ フリーエリア
  ★ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  ★ 最新コメント
  ★ 最新記事
  ★ 最新トラックバック
  ★ プロフィール
HN:
まいと
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/12/29
職業:
サラリーマン
趣味:
ツーリング、無駄遣い
自己紹介:
しがないサラリーマンですが、
独自のセンスでもって、
Mojo Lifeを楽しもうというブログです。

お金はいっぱいいっぱいでも、
将来を見越して楽しみましょう。

Mojo Lifeを語る上で、
音楽も結構重要なポジションにあります。

注)Mojo LifeのMojoは心奪われるモノという風に定義してます。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
★2017/12/12 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2008/02/26 (Tue)
ロードスターに乗ってるときは、
大概iPodで音楽を聞いてます。

彼女と乗ってるときは、
彼女に適当に選んでもらってますが、
こないだの彼女のチョイスはSimon & Garfunkel。

なんでワタシのような若者のiPodにSimon & Garfunkelが入ってるのか、
という話はさておき、
彼女も好きらしくiPodに入ってるのを見て、
うんうんと思ったらしいです(笑)

ワタシが好きなのは、
Scarborough Fair / Canticleですね。

7フレットにカポタストで、
開放のコード(←分からない人すんません)を駆使しまくりのギターの、
響きにはマジでやられました。

まずは聞いてみてください。


Simon & Garfunkel Scarborough Fair / Canticle


このアルペジオのこの響きは本当に美しい。
一時期猛練習して弾けたんやけど、
しばらく弾いてないうちに全くできなくなった(汗)
再チャレンジしなきゃ・・・。

さてこのScarborough Fair / Canticleという曲は、
一つの曲の中に二つ歌が入ってる特殊な歌です。

Scarborough Fairにはイギリスの古い民謡をもとにして、
スカボローに住む乙女への伝言が、
Canticleには空しく戦場に倒れていった兵士の物語が歌われているのです。

この生と死を行きつ戻りつ、
SimonとGarfunkelの歌声で交錯していく空気感は、
今の若い世代には決して出せないものじゃないかなぁと思ったりします。

・・・。

ちなみにこの歌を初めて聞いたとき、
漫画『ドラゴンヘッド』を読んでいたので、
ワタシの中で『ドラゴンヘッド』のテーマだったりします(汗)

注)『ドラゴンヘッド』・・・
突然の富士山の噴火で死の世界と化した日本を舞台に繰り広げられる、
もうとんでもなくグロイ漫画(私的にはもう読み返したくない)
あんなのやこんなのが出てきます。
しかも最終的には救われずに尻切れます・・・。
映画にもなりました。
PR
★2008/02/21 (Thu)
諸事情でテンションが限りなく低迷中です。

音楽なんぞ。
あんまり詳しくないんやけどもthe pillows。
大昔、中学の終わりか高専入ったくらいに、
耳に入って猛烈に気に入ったのに、
アルバムには収録されずに結局手に入れることのなかった名曲。


the pillows Tiny Boat(歌詞


とにかく歌詞がいい。
今日のブログのタイトルにもしたけど、
『あなたは特別で他の誰とも違う』っていう表現がとてもいいです。
こんなにはっきり言ってのける曲って多くはないのでは?

the pillowsはアルバム『Please Mr.Lostman』を聞いたのと、
あとはこの曲を知ってるくらいなんやけど、
このアルバムもめちゃくちゃ気に入ってて、
好きなアーティストです。

『Please Mr.Lostman』に入ってる『彼女は今日』っていう曲の、
『僕には見せないその笑顔はなんて美しく可憐なんだ』っていう歌詞といい、
すごく『彼女』『あなた』を美しい存在にする歌詞を書くなぁと思います。
★2008/02/20 (Wed)
NBAがオールスターで盛り上がる中、
我が愛するサクラメント・キングスの、
エースポイントガードのマイク・ビビーがトレードに出されてしまいました。

これでワタシが愛した時代のメンバーが全員いなくなってしまったのでした。

さて、ワタシがNBAを見出したのは意外に遅くて、
高専の4年生ぐらいから。
弓道部の部長の『NBA見ーひん?』の一言から見出して、
最初はいわゆるスーパースターを追っかけて見てました。

試合中継を見て、
サクラメントに注目したのは、
他のチームよりオフェンスでパスが一個くらい多い。
簡単に言うとうまくフリーの選手を作るんですね。
そんくらいほとんどの選手がパスがうまくて、
見ていて楽しかった。

ポイントガードはジェイソン・ウィリアムズ。
日本人に非常に人気の高い選手で、
ドリブルワーク・奇想天外のパス・どこから飛び出すかわからないシュート。

シューティングガードはベテラン、ダグ・クリスティ。
予知能力があるとまで言われるほどのディフェンスのスペシャリスト。

スモールフォワードはペジャ・ストヤコビッチ。
3ポイントコンテスト2連覇も果たしたユーゴスラビアの英雄。
ピュアシューターと呼ばれるもインサイドにも切り込めるオフェンスの鬼。

パワーフォワードはクリス・ウェバー。
外からも打て・インサイドも強く・リバウンドも取れ・パスも裁ける。
最強のパワーフォワード(と俺は信じてた)

センターはブラデ・ディバッツ。
こちらはユーゴスラビアの父ともいえるベテランビッグマン。
ファウルを上手くもらい・パスも裁ける試合巧者。

当時はレギュラーシーズンはめちゃくちゃ強くて、
シーズン勝率記録を塗り替えるくらい強かった。

でもプレーオフで勝てなかった。
で、ジェイソン・ウィリアムズだ。
上に挙げた選手の中で一番爆発力のある、つまりは不安定な選手だ。
実は彼が入ってからキングスは強くなったんやけど、
最後にいらなくなったのも彼なのだ。

最後のワンピースと言われたのが、
ジェイソン・ウィリアムズとマイク・ビビーのトレード。
実際マイク・ビビーが加わってから、
キングスはさらに強くなって、
当時プレーオフでは結局めっちゃ強かったレイカーズを、
ホンマにギリギリまで追い詰めたのはビビーが加わったキングスだ。

今でも忘れもしない。
キングス対レイカーズのカンファレンスファイナルだ。
2点リードで迎えたレイカーズのコービー・ブライアント(だったかなw)のシュートは、
リングに嫌われリバウンドはセオリーどおり、
ディバッツがセンターコート方向に時間を稼ぐためにボールを弾いたんです。

この時点で残り0.4秒です。
弾いたボールが3ポイントラインにいたレイカーズのロバート・オーリーの元へ。

ブザーの音とともに放たれた3ポイントシュートは、
ゴールに吸い込まれてしまいました。

ロバート・オーリーはスーパースターでもなく、
能力がめちゃくちゃ高い選手じゃないです。
でも『なぜか』たぶん現役最多のチャンピオンリングを持ってる選手です。
そういう運がある選手なんでしょう。

結局キングスは3勝4敗でプレーオフを敗退。
キングスに勝ったレイカーズはNBAファイナルで、
最後の相手を4連勝で破ったのでした。

で、なんでこんな話になったんやったっけ(笑)

とまぁ、キングスをレイカーズを追い込むほどの強豪にしたのが、
ビビーだったわけです。
そのビビーが放出。
うーん悲しい。

キングスは若返りを図るのでしょう。
これからどうなるか分かりませんが、
せっかく気に入ってるキングスなので、
これからも応援はします。
頑張れキングス。

あ、上の話は記憶なんで曖昧な部分あると思います。
★2008/02/13 (Wed)
家具を求めてあちこちフラフラしていて立ち寄った、
堀江のシンプルモダン家具の店『クラスティーナインターファニチャー』

入り口1階、ショールームは2階と非常に入りづらい(価格帯がわからない)お店。
入ってみたら意外に普通でした。
もちろんピンキリやけど。

で、ハッとワタシの心を掴んだのが下の姿見。


クラスティーナインターファニチャー S70001


このスタイリッシュさはなんなんだ!

近寄ってきたオネエサンは・・・、
『今、注文してもらうと納品が1月半ばになります』とのことでした。

『あの~・・・今11月の半ばなんですけど(笑)』とワタシ。

なんでも完全受注生産で、
海外でやってるもんやから時間がかかるんだそうで。

『まぁ鏡なんて急ぐもんでもないしのんびり待つわ』と発注。

キッチリ1月26日に届きました(笑)
さて、オシャレな家具は機能はだめということもありますが、
コレは機能は問題なし。

細く見えるけど、
ちゃんと全身捉えてくれるし、
足元まで写る。

ということで言うことなしです!


注文した次の日にはお手紙をくれたりと、
クラスティーナインターファニチャーさんは、
非常に好意的なショップですが、
・・・頑張れ納期!
それに尽きる。
★2008/02/07 (Thu)
あれ?こんなん出したっけ?
秋に買ったカバンです。
バタバタしてて忘れたんやったっけか。


coperto イントレチャートショルダー


某雲上ブランドの代名詞であるイントレチャート(メッシュレザー)。
ボッ○ガヴェ○タやったらいくらになるか想像しただけで恐ろしいですが、
copertoはドメスティックブランドです。
お値段は控えめ(ほぼフルレザーなんでそれなりやけど)なれど、
なんちゃってイントレチャートでなく、
マジイントレチャートですごくよく出来てます。

綺麗目な格好にショルダー使いたいときは抜群でしょう。
色も落ち着いてるし一生使えるとワタシは思ってます。
使えば使うほど編み目が締まってきて、
まるで一枚革のようになってくるらしく、
その辺のエイジングも楽しみですね。

でも実際は最近はあんまり使ってなかったり(笑)
だってダウンには合わないんやもん・・・。

欠点は重い!
何も入ってないはずなのに重い!
肩こります。
革ものの宿命ですかね。
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao