忍者ブログ
最近物欲旺盛です ストレス発散は買い物で
  ★ フリーエリア
  ★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  ★ 最新コメント
  ★ 最新記事
  ★ 最新トラックバック
  ★ プロフィール
HN:
まいと
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/12/29
職業:
サラリーマン
趣味:
ツーリング、無駄遣い
自己紹介:
しがないサラリーマンですが、
独自のセンスでもって、
Mojo Lifeを楽しもうというブログです。

お金はいっぱいいっぱいでも、
将来を見越して楽しみましょう。

Mojo Lifeを語る上で、
音楽も結構重要なポジションにあります。

注)Mojo LifeのMojoは心奪われるモノという風に定義してます。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
★2017/04/23 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/10/18 (Thu)

斉藤和義 キャンディ


紅盤からキャンディ。
紅盤で一番ギターがカッコイイ歌。
和義は歌ってるときは超セクシーやなぁ。
PR
★2007/10/16 (Tue)

斉藤和義 I LOVE ME


ニューアルバム、発売日前日にゲットしてきました。
CDはなぜか前日でも普通に売ってますよね。
なんなんでしょうか。

シンプルに作られたアルバムです。
相変わらず全ての楽器を和義が弾いてます。

アルバムタイトルにある『I LOVE ME』ですが、
このアルバムはその中にちりばめられた『I LOVE YOU』が、
心地いいです。

全部レビューと言いたいとこですが、
今日のブログタイトルにありますとおり、
その中でも強力にインパクトのある『男節』について書こうと思います。

たぶん今でもテレビで流れている、
ゼクシィのCM『ウエディングソング』なんですが、
これは斉藤和義の作詞ではありません。

なので、少々この歌には斉藤和義らしさが欠けているのは、
斉藤和義を聞いてきた人にとっては皆思うことやと思います。

初めて『愛してる』を口にしたという『うたうたいのバラッド』は、
それでも一方的に押し付ける『愛してる』なんですよね。
そこに斉藤和義らしさがある。

さて、『男節』。
ジワっと泣きました、マジで。

これが斉藤和義の『ウエディングソング』なんです。
結婚式にゼクシィ『ウエディングソング』を歌いたいと思うのが普通。
でも『男節』を歌いたいと思う男性、絶対ようさんおるはず。
この歌うたわれたらついていくっていう女性もようさんいてほしい。

えもいえぬ魅力です『男節』。
わがままで飾りっ気なしでスケベで心にドンとくる、そんな歌。
★2007/10/16 (Tue)
やっぱり和義はかっちょいいなぁ。



ニューアルバム『I LOVE ME』。
17日発売やけど明日には店頭にあるかなぁ?
タワレコ寄って帰ろう。

来週には熊木杏里のニューアルバムも出るし、
音楽三昧で気分も高めつつ大変な時期を乗り切ろう。
★2007/10/09 (Tue)
この夏にかなり興奮度の高かったイベントといえば、
BONNIE PINKのライブ。
めっちゃ気持ちいいライブでまた見に行きたいと思ってます。
その本編最後の曲がこのAnything For You。


BONNIE PINK Anything For You(歌詞


『雨上がり太陽光』と歌っているから余計ですが、
ホンマにこう、ドンヨリした気持ちもスカッと晴れさせてくれる、
夏女らしい実に『夏ッ』な歌です。
『弱気なハート命中』とかこういう言葉の選び方というか、
そういうのがホンマ彼女はウマイです。

来年の夏もまたライブ行きたいなぁ!
思いっきり汗かきたい感じです。
★2007/09/30 (Sun)
長居スタジアム初の音楽イベント、
Mr.Childrenライブ・・・。

ワタシはミスチルファンではないのですが、
なぜか手に入れたチケット2枚。
1枚誰か行く人探せということで、
8月に知り合った女性(仮称Hちゃん)を誘って行くことに・・・。

そのHちゃんもミスチルは特別好きではないということで・・・(笑)

まぁチケット入手の経緯が非常に急な話やったので、
予定空いてる人いませんか?とかなり自分で言うのもあれですが、
いい加減な声の掛け方やったので、
Hちゃんには申し訳ない、なぁ。

思ったよりパンクな格好してはったので前と印象違って、
最初分からんかったし(汗)

それはさておき。

熊木杏里→BONNIE PINK→Mr.Childrenとだんだん規模が大きくなってきた、
秋のワタシのライブの流れ。

熊木杏里150人。
BONNIE PINK1000人。
ミスチル40000人超です。

次元が違いすぎる・・・。
ヤムチャ対リクームみたいなもんです。

座った席はちょうどステージ正面のスタンド席。
桜井さんがピンクのシャツ着てなかったら、
桜井さんがどこにいるか分からない(笑)
米粒です。

だからピンクなんやろね。

今までミスチルって『深海』は聞いたような気がするけど、
アルバムまで聞いたことってほとんどないので、
心配してたんですが、
ライブタイトルが『HOME』ということもあって、
原点回帰なのか、
かなり自分でもよく知ってるシングル曲をやってくれて、
ホンマに凄さ実感して舌を巻いてました。

これだけの人が桜井さんの発する声に耳を澄ませてるというのが、
凄いし恐ろしい。
桜井さんは歌うのが怖くなったりしないんやろうか。

序盤に名もなき詩や、
シーソーゲーム、CROSS ROAD、Tomorrow never knowsといった、
ミスチル代表曲だったり、
間にimagineをはさんだりして、
ファンならずともかなり熱くなれました。

個人的にはHEROが好き。

終盤の終わりなき旅、しるし、
アンコールのinnocent world辺りはド定番ですが、
やっぱりいいですね。

日本最大級のライブともあって、
人・人・人でとんでもなかったですし、
野外やのに(やから?)小雨模様で大変やったけど、
あんだけたくさんの人に支持される理由がたっぷり詰まった、
ミスチルライブでした。

かなり歌いっぱなしでMCもほとんどなかったけど、
ホンマ凄かったっす。

周りのファン曰く、
『桜井さん今日はベストコンディション』
だそうで。
ラッキー。

Hちゃんも楽しめたみたいでよかったよかった。

小雨でしかも涼しいとおりこして寒かったから、
もしかして桜井さん明日風邪引いてたりね(笑)
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao