忍者ブログ
最近物欲旺盛です ストレス発散は買い物で
  ★ フリーエリア
  ★ カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  ★ 最新コメント
  ★ 最新記事
  ★ 最新トラックバック
  ★ プロフィール
HN:
まいと
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/12/29
職業:
サラリーマン
趣味:
ツーリング、無駄遣い
自己紹介:
しがないサラリーマンですが、
独自のセンスでもって、
Mojo Lifeを楽しもうというブログです。

お金はいっぱいいっぱいでも、
将来を見越して楽しみましょう。

Mojo Lifeを語る上で、
音楽も結構重要なポジションにあります。

注)Mojo LifeのMojoは心奪われるモノという風に定義してます。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
★2017/05/23 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/10/26 (Fri)
明日はMINAMI WHEEL 2007っていうライブイベントに参加してきます。
大阪ミナミのあちこちのライブハウスで3日間で300組もの新進気鋭のアーティストが、
ライブを行うというイベントです。

お目当てはもちろん二千花~!

闇情報によるとボーカルの宮本一粋さんが、
風邪で寝込んでるらしいんですが・・・大丈夫なのか?!超心配。



Genius Partyの歌詞ではないですが、
一粋発熱体・・・。
いや笑い事ちゃうって。

しっかし、引越しで忙しいのにライブって。
アホちゃうか。
PR
★2007/10/24 (Wed)
ニューアルバムで盛り上がってるところに、
チケット到着。

来月の熊木杏里アコースティックライブ『私は私をあとにして』です。
水曜日やから・・・見にいけるんやろな・・・。
絶対休んじゃる!
頼むぜ、新職場。
★2007/10/24 (Wed)

熊木杏里 私は私をあとにして


待ちに待ったニューアルバム『私は私をあとにして』買ってきました。

1. 新しい私になって

この歌はココしか入れるとこないよね。
熊木杏里の新しい私になろうという想いに、
時代が応えるように偶然もたらした一曲。

2. 春の風

映画バッテリー主題歌なんでCMで聞いた人も多いはず。
噛めば噛むほどっていう曲です。
春の風っていう言葉は歌詞に出てこないけど、
まさに春の風を感じる曲です。

3. 七月の友だち

夏、学生時代。

4. 最後の羅針盤

配信限定やったけどCD音源化。
決意の一曲。

5. 君まではあともう少し

明るいです。
使ってるコードが今までの熊木杏里の曲と違う感じです。
『選んでる服は君色』とか歌詞がカワイイです。

6. 幽霊船に乗って

リズミカルなギターで元彼を幽霊に例えてしまう、らしい一曲。
かなり好きです。

7. 月の傷

ちょっとやるせない曲です。
自問し、自分はこうなんだって思おうとしているけど、
思い切れない感じがでてます。

8. 0号

フォークっぽい問いかけの歌。
『僕の箱からは出れないの?』っていう一節が好き。

9. 一等星

一番聞きたかった曲。
使ってる言葉が好みやし、
自分の今の心境にピッタリはまるしで、
キュンキュンきます。
歌詞はこんな感じなんやけど、
節々で、うんうんその通りと思ってしまいます。

『もっと話したい人がいる 聞きたかったことがある
 出会えたことから始まってゆく それが人と人の縁』とか、
『物語がいつも私の望むようには進まないけれど』とか、
『人は人で救われてる』とか、
『物語はいつも私をひとつ変えてつくられてゆくから
 もどり道にさよならをして まだ何もない 明日をつくってゆく』とかね。

10. 朝日の誓い

熊木杏里の声って綺麗って思いやすいメロディになってると思う。
プロデューサーの吉俣さんの作曲やけど、
熊木杏里用に書いたんやろか。

11. 水に恋をする

自分はこういう生き方をしたい!っていう曲。
というかこのアルバムのコンセプト自体に、
こういう決意表明が中心にあると思う。
本編最後だけにこの曲にも非常に力がこもってます。
非常に長い歌で素敵な言葉がたくさん埋め込まれてます。

歌詞で好きなのは、
『自分の顔がいつも 気になっているけど
 人から見た自分を 気にしているのだと気づいた
 心だけで行きたい 自慢できなくても
 神様ではなくぼくが いいと思う自分でいよう』っていうところ。

そう思ってもなかなかできんよ。

ボーナストラック
12. ひみつ

ボーナストラックっていうから、
2ndアルバムの『私をたどる物語』みたいに、
半分だけとかかと思ったけどちゃんとフルコーラス。

今まで歌ったことないと思う『恋をうたう歌』です。
熊木杏里は昔を振り返って歌を作っていたからか、
『愛をうたう歌』はあったけど『恋をうたう歌』はなかったと思う。

恋してるんですかね。
★2007/10/22 (Mon)
読んでる人のことなんて気にしないでやっちゃおう。
自分のブログやしそんでいいや。


斉藤和義 I Love Me


1. I Love Me

アーティストは基本的にI Love Meのように思う。
たくさん出てくるI Love Meの中で、
最後はそれよりもI Love Youなのだ。

2. どしゃぶりジョナサン
語感が気持ちいい。
ちょっと重い雰囲気のギターがカッコイイ。

3. 愛に来て
和義の女性視点の曲は名曲がめちゃ多いです。
カワイイ恋の歌。

4. あぁ半年
フォークな地域密着なサウンド。
和義特有の気だるい脱力な雰囲気に、
サビのメロディーラインいいです。

5. 男節
前に書いたけどいいです。
男節というよりせっちゃん節ですけど。

『俺を選んだお前が悪い』とか、
『勝手ばかり言ってやる』とか、
『俺は馬鹿だぜ覚悟しな!』とか。

女性についてこさせようという男らしい歌。

6. 新宿ララバイ
新宿午前3時が舞台。
少し歳をとった水商売の女性からの両親への手紙。
ミュージック、歌詞、設定、文句なしの出来。
かなり好みです。

7. バカにすんなよ!
時代についていけない和義の想い(笑)
だれもが一度は思うなめてんのか?!っていう気持ちを代弁。

『その機種はもう古い それには対応してません
 修理するにも もうその部品はございません』

これはきっと実話。

『マスコミが悪い テレビが言ってる
 いや いや・・・おまえがそうだろ!』

和義はテレビが嫌い。

『電車はダメ 飛行機もダメ タクシーもダメ レストランもダメ
 売ってるけどダメ タバコは家で吸いましょう』

この一節からこの曲ができたと予想。

バカにすんなよ!バカにすんなよ!

8. 虹
先行シングル。
個人的にはそんなに好きではない。

9. トレモロ
淡々とささやくように紡がれる彼女への思い。
素敵です。

10. 嫌いになれない
そういう恋もあるんやろうね。

『これは愛情?それともただの情?
 君を嫌いになれない』

11. かすみ草
ユニクロのCMでかかってます。
熊木杏里に続いてユニクロ。
なんなんでしょうね。

このアルバムの終盤を飾るギターとハーモニカだけの曲。
とってもサビが気持ちいい。
かなり言葉数が多めなのもちょっと嬉しくなったり。

12. Swing
スタッフロール的なロックンロール。
勢いとスケベな感じがなんともいえん。

★2007/10/22 (Mon)
今日の音楽。


Bonnie Pink Heaven's Kitchen


Bonnie Pink(現在はBONNIE PINK表記らしい)の代表曲。
もう大昔の曲で、
自分はこの曲でBonnie Pinkを知った。
というか大抵の人もこの曲で知ったはず。

23時台とかの音楽番組でテレビ出演(記憶は定かではない)して、
この歌をうたって、
その強烈なまでのインパクトを残すピンクの髪と、
日本人離れした歌唱力でなんだコイツは!只者じゃない!
と一部の人にBonnie Pink = Heaven's Kitchenを知らしめたものの、
そこから『A Perfect Sky』まで彼女は代表曲・ヒット曲といえるほど、
世の中には出てこれなかった。

映画『嫌われ松子の一生』で『LOVE IS BUBBLE』も話題になるものの、
ヒットしたといえるほどではなかったように思える。

でもその間彼女がよい歌を作ってこなかったのか?と言われるとそうではないのだ。
そう、スペックが違うのだ。

最近こんなによい曲書いて歌う人が売れないのは、
レコード会社が悪いんだ、と思うようになりました。
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao