忍者ブログ
最近物欲旺盛です ストレス発散は買い物で
  ★ フリーエリア
  ★ カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  ★ 最新コメント
  ★ 最新記事
  ★ 最新トラックバック
  ★ プロフィール
HN:
まいと
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/12/29
職業:
サラリーマン
趣味:
ツーリング、無駄遣い
自己紹介:
しがないサラリーマンですが、
独自のセンスでもって、
Mojo Lifeを楽しもうというブログです。

お金はいっぱいいっぱいでも、
将来を見越して楽しみましょう。

Mojo Lifeを語る上で、
音楽も結構重要なポジションにあります。

注)Mojo LifeのMojoは心奪われるモノという風に定義してます。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[563] [562] [561] [560] [559] [558] [557] [556] [555] [554] [553]
★2017/08/21 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/09/11 (Tue)
今日は9月11日だから。

熊木杏里が歌う『イマジンが聞こえた』は、
日本に住む自分みたいな人間の心理を非常にうまく捉えた、
まさに熊木杏里の歌だ。

この歌は反戦の歌でもなければ、
テロを許せない!とか人が死んで悲しい!とかそういう歌じゃない。

『あまりに遠い出来事だと思ってた』

自分もそう思ってたというか今でも思ってる。

『今は讃えられながら そびえる
 人が死んだ空気のビルを眺めてた

 だけどもぼくは どこかでそんな事さえ
 かっこいいものに感じていた気がする』

こういうテーマの歌を書きながら、
でも実際は深く考えてませんと歌うのは素直に凄いです。

誰だってエエカッコしいで、
テロは許せない!とか言ってれば良い人のように思われるわけです。

この歌の中には綺麗事がない。
綺麗事があった方が素晴らしい楽曲になるかもしれないけど、
綺麗事がないから熊木杏里らしい深さになるんだろう。

『だけど世界はひとつだと言った
 イマジンが聞こえた』

だけど、ですよ。
こんな遠く平和な日本に住む、
深く考えていない僕らでも、
グラウンドゼロの前に立てば『イマジン』が聞こえるんですね。

この歌を聞いてグラウンドゼロに行ってみたいと思う気持ちを、
同時多発テロの話をテレビで目にしたとき『だけ』持つようになりました。

それが日本に住む自分です。
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao