忍者ブログ
最近物欲旺盛です ストレス発散は買い物で
  ★ フリーエリア
  ★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  ★ 最新コメント
  ★ 最新記事
  ★ 最新トラックバック
  ★ プロフィール
HN:
まいと
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/12/29
職業:
サラリーマン
趣味:
ツーリング、無駄遣い
自己紹介:
しがないサラリーマンですが、
独自のセンスでもって、
Mojo Lifeを楽しもうというブログです。

お金はいっぱいいっぱいでも、
将来を見越して楽しみましょう。

Mojo Lifeを語る上で、
音楽も結構重要なポジションにあります。

注)Mojo LifeのMojoは心奪われるモノという風に定義してます。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ カウンター
[47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37]
★2017/06/29 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2006/06/06 (Tue)


毎日毎日ブログのネタなんてないので、
だらだら和義の話を・・・。
ワシ和義ばっか聞いてます、はい。

さて和義、かなり活動始めて長いので、
オリジナルアルバムだけで10枚も出てます。
んで、これから和義を聞こうって人にはどれ買っていいかわからんと思うわけです。

で、昨年、
この白盤、黒盤っちゅうのが発売されました。
今までの楽曲の中からのセレクションアルバムで、
白盤は甘い歌・黒盤はロックな歌です。
なかなかにいいチョイスになってるので、
ちょっと聞いてみるといいんちゃうかな?
聞くなら両方聞くべきです。
両方あって和義なので。
黒盤にはMojo Lifeも入ってますね。

白盤
1. Baby,I LOVE YOU
2. 空に星が綺麗~悲しい吉祥寺~
3. 古い話
4. 好きな人の手
5. Rain
6. 古いラジカセ
7. やわらかな日
8. 歌うたいのバラッド
9. 楽園
10. アゲハ

黒盤
1. ウナナナ
2. 劇的な瞬間
3. 砂漠に赤い花
4. 歩いて帰ろう
5. ドライブ
6. COLD TUBE(ANOTHER MIX)
7. Mojo Life
8. ジレンマ
9. ささくれ
10. わすれもの

オススメは、
白盤1、2、8、10
黒盤2、5、7、8
辺りかな?
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★無題★
どうして「ジユウニナリタイ」がないんやろね。いけだ的にせっちゃんの最高傑作やと思います。♪生きていく事なんて 死ぬまでの暇つぶしさ~♪
いけだ 2006/06/07(Wed)09:01:03 ★編集
★Re:無題★
いけださんいらっしゃい。

おぉ!いけださんはせっちゃん知ってますか!?
ジユウニナリタイは僕も大好きです。
♪生きていくことなんて死ぬまでの暇つぶしさ~♪は、
僕も軽くドタマはたかれたような衝撃を受けましたね(笑)
そう考えると強く生きていけます、かね。

10枚以上アルバムありますし、
いい曲なんて山ほどありますから、
セレクトするのは難しいですね。
【2006/06/07 19:55 ★まいと★ 】
★こころがわり★
うたうたいのバラッドからせっちゃんは「愛」という言葉を取り入れ出しましたな…「セッ○スしたい○ックスしたい」が口癖でいつしか「せっちゃん」になってしまった和義君が愛って言葉を歌詞に使い出した事は評価しましょう。この国には色んなモノが満ち溢れてんだけど愛と希望だけは全くない。そこを表現するのが和製ロックだったり日本文学だったりした訳なんですが(一部MR氏の文章引用)、せっちゃんもそこに着目したんやろか?DQNが道徳活動を始めると評価される…あざとさと危機感がないまぜになった、せっちゃんの歌詞は素敵です。そんな事を感じながらバンクバンドのバラッドを聴きつつ我が店で酒呑んでます…
いけだ 2006/06/07(Wed)20:57:04 ★編集
★Re:こころがわり★
斉藤和義⇒せっちゃんの理由の説明ありがとうございました。
有名なエピソードですよね。

せっちゃんはあまり愛は歌わないですね。
かわいらしい恋のイメージが強いです。
【2006/06/07 21:19 ★まいと★ 】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao